hello

どうぞ、このスペースに自由に書き込んでください。
身の回りのエピソードや、作品発表、サイトへの感想・鑑賞など、
みんなで楽しく語り合いませんか。

【 最新の状況を確認するには、「ページの再読込み」をしてください。】

トップページへ戻る    「Watage の 伝言板」へ    (投稿の手引き)    

 ●
※削除したい書込 No. 削除キー
<No. 48> 児玉 浪枝 : 緊張の時間 
会話》   【 書込: 2017年05月29日(月) 17時24分 】

日常の暮らしの中で主婦が特に緊張したり脳を活性化したりする時間は殆ど無いように、毎日、同じような主婦の作業をこなして過ぎていきます。月に一度の川柳みどり会例会に出かけることを大事にしています。時間の遣り繰りをして、家族に留守番を頼んでの外出。自分の趣味に打ち込む一時の緊張感。元気な仲間と顔を合わせてのひととき。席題は「汗」、部屋は冷房が効いていて汗は出なかったのですが、作句の緊張で冷や汗も…。今年も熱い夏になるのでしょうか。
・クーラーが効きすぎている電車内   浪枝

<No. 47> 児玉 浪枝 : 大相撲夏場所 
会話》   【 書込: 2017年05月25日(木) 17時10分 】

白熱した勝負を見せてくれる力士たちをテレビで応援し楽しんでいます。どの場所も連日満員御礼!、と、このところの相撲人気は絶好調続き…。どんなことも、一生懸命に立ち向かう姿は面白く感動します。応援していた稀勢の里が休場になってしまったのは残念。怪我や病気は辛いですね。
いよいよ夏場所も後半。目が離せません。夕食の支度も後回し、テレビの前で声を出して見入っている一時です。

・小雨降る午後のテレビの前にいる   浪枝

<No. 46> 児玉 浪枝 : 新緑 
会話》   【 書込: 2017年05月14日(日) 18時06分 】

自分の背の高さまでバサッと伐採をしておいた木蓮の木には枝がぐんぐん伸びてきて、あっという間に大きな葉っぱが繁りました。その勢いには毎年驚きます。暑さ凌ぎには葉っぱの影はとても涼しく
気持ちが良いのですが、最近では剪定をする力が段段無くなってきた年になり、伸びの勢いの良さに負けそうです。雑草もものすごい勢いで庭を覆い尽くしました。根が固くて簡単には引けません。もう、諦めてそのままに。そのうちにジャングルになるでしょうか。

<No. 45> 児玉 浪枝 : 工事中 
会話》   【 書込: 2017年04月30日(日) 13時46分 】

家から歩いて10分くらいの所、広い集合商業地域が一年間、空き地になっていました。次は何が建つのかしら、マンションかなあ、大きなスーパーかしら、公園に??、瀬戸街道沿いなので場所は良いところです。この四月から工事が始まりました。工事現場の囲いに看板が付きました。スーパーができそうです。秋には完成予定とか。徒歩しか足の手段が無い我が家には、近くにまたスーパーができれば有り難いことです。新鮮で安心で安い物が並べば嬉しいな。
・スーパーもコンビニもあるそこここに     浪枝

<No. 44> 児玉 浪枝 : 花吹雪 
会話》   【 書込: 2017年04月16日(日) 18時37分 】

例年よりも開花が少し遅かった桜ソメイヨシノも、今は、はらはらと散っています。風が吹くたびに花びらが舞い身体中に降り注ぎます。道路は花びらの絨毯。【花の命は短いなあ…】、また来年も健康でお花見ができますように…。近所の桜の花でお花見は堪能しました。今からは枝垂れ桜の花の見頃です。細い枝先が肩に触れるほどに垂れ下がり可憐な、華麗な花を楽しませてくれます。

・お花見も良いし団子も美味しいし  浪枝

<No. 43> 児玉 浪枝 : さくらさくら 
会話》   【 書込: 2017年04月08日(土) 17時45分 】

ようやく春が来ました。先日まで桜(そめいよしの)の蕾は固く縮こまっていましたが、この辺りの桜も一気に開花、きょうで七分〜八分咲きくらいでしょうか。遠方にはなかなか出かけられないので、近くの桜で堪能をしています。枝の先を見るとここにも鳥が寄ってきて花びらを啄んでいます。ねえ、鳥たちよ、もう少しの間、綺麗な花を啄まないでね。変動の激しい気候に振り回される昨今ですが、桜はこころをほのぼのとさせてくれます。やはり日本の花桜の魅力は凄いです。
・桜見て空見てスミレの花を見て    浪枝

<No. 42> 児玉 浪枝 : 店内ぐるぐる 
会話》   【 書込: 2017年03月13日(月) 18時04分 】

スーパーの二階には呉服店もあり、今は春の売り出しのイベント中。和服の好きな私はついつい新しい柄の着物や帯や草履、バッグに目がいきます。いまでは、着物を着る機会が殆ど無いので何枚もある和服はタンスの肥やしになっていますが、見るとまた欲しくなります。衝動買いはだめだめ、年金では簡単に買えない、などなど現在の暮らしを思い起こして、商品を見て回るだけ…。店員さんがかなりいろいろ勧めてきますが目の保養だけです。早早に引き上げて総菜売り場へ行きました。

<No. 41> 児玉 浪枝 : ひな祭 
会話》   【 書込: 2017年03月01日(水) 17時45分 】

【灯りをつけましょぼんぼりに…】、3月3日はひな祭。女の子の居る家庭の大きな雛壇が飾られている光景が羨ましかった思い出があります。毎年、我が家風のひな祭りは、母が生前、和紙で手作りで作ってくれたお雛様とお内裏様を棚に飾ります。スーパーで買った雛あられや菱餅も供えました。花瓶には桃の花を…。部屋の中がなんとなくほんのりと和み春を感じます。こんな小さな事をも幸せの一瞬に捉えて元気の源にしています。

・早春の空にばらまくひなあられ    浪枝

<No. 40> 児玉 浪枝 : みどり会2月例会 
会話》   【 書込: 2017年02月26日(日) 23時00分 】

好天に恵まれ暖かさを感じるきょうは川柳みどり会例会です。教室に着いたときは汗ばんだほどでした。机を用意し、お茶を沸かし、黒板に課題を書いたりパソコンの準備をします。「高知の順子さんからですよ」と恭子さんが文旦を持ってきてくださいました。旬の爽やかな甘さ、みずみずしさに舌鼓。順子さん、ありがとう。ご馳走様でした。気持ちが爽やかになったところで席題に取り組みます。席題は「眠る」…、春はとろりとろりと眠いですね、いやいや、眠っていてはいけません。フレッシュな作品を書かなくては…。

・旬のものをいただいてから脳トレを   浪枝

<No. 39> 児玉 浪枝 : 春の食材 
会話》   【 書込: 2017年02月18日(土) 15時17分 】

スーパーの食品売り場を巡りながら献立を考えます。店頭には、タラの芽、分葱、ウド、新タマネギ、蕗の薹など春野菜が豊富に並べられています。タラの芽の天ぷらも良いな、分葱と烏賊の酢味噌和えも好物、ウドのほろ苦い味にも浸りたいし…、出始めは価格は高めです。さてさて、今夜はどんな料理ができあがるのでしょう。献立次第で、一足早く春を味わえそうです。

・新タマネギが転がっていく未来へと   浪枝

<No. 38> 児玉 浪枝 : また雪が… 
会話》   【 書込: 2017年02月11日(土) 18時36分 】

立春も過ぎましたが寒いです。きょう、この辺も雪が降りました。でも、すぐに溶ける程度なので有り難い。豪雪で困っている地域の方方、雪解けが大変でしょうね。あとからあとから寒波が押し寄せてきて…、最近の天気予報も体調も狂いがちです。二月ってこんなものかしら。春を目前にしながら、風邪を引いている人も身近に多々います。皆様、用心、用心!。相変わらずの閉じ籠もり作戦の我が家です。散歩道の白梅のつぼみが少しずつ膨らんできました。

・梅を見にいきましょうかとお誘いを  浪枝

<No. 37> 児玉 浪枝 : 時の流れ 
会話》   【 書込: 2017年01月31日(火) 16時48分 】

早いですね、もうきょうで一月がお終いです。年が明けてから一ヶ月間なにをしていたのかしら。初詣で始まり、小寒、七草粥、成人の日、小正月、大寒…、冷え込みが厳しくて体調を崩しながらも立ち直ったり医者通いしたり、なんとなくの日常でした。こんな感じではすぐに春が来て夏が来て、あっという間に一年が過ぎそうです。一日一日を大切にしなくては。

・秒針よ止まれ 蒼天は高く高く   浪枝

<No. 36> 児玉 浪枝 : パソコン 
会話》   【 書込: 2017年01月29日(日) 10時02分 】

一週間ぶりにパソコンを触りました。道具はなんでも壊れることは頭にありますが、急に!というのが怖いし不便極まりないです。風呂、洗濯機、炊飯器、ガス、水道などはすぐに直さなければ暮らせないけれど、まあ、パソコンは無くてもどうってことはない…、な〜んて思っていましたが、やはり無いと淋しい玩具(機械)でした。それがわかりました。取り敢えずやれやれ。

・手も足ももぎ取られたらおしまいよ   浪枝

<No. 35> 堀  恭子 : 大相撲のこと 
会話》   【 書込: 2017年01月16日(月) 18時13分 】

大相撲は波乱の九日目でしたね。私の父も大相撲が大好きで、双葉山のファンでした。(古いわね)小さい頃、よく名古屋場所に連れていかれました。双葉山と父と並んだ写真があります。また別に、車のナンバーが6340(武蔵丸)だったのは偶然ですが、結構、喜んでいました。亡くなった綿毛の高橋典子さんの車も6340で、二人で意気投合したことも、懐かしい思い出です。

<No. 34> 児玉 浪枝 : terebi  
会話》   【 書込: 2017年01月14日(土) 17時06分 】

国技館での大相撲初場所が連日熱戦を繰り広げられています。随分何年か前、名古屋場所のときに現地で観戦したことがありますが、今はもっぱらテレビ観戦です。最近はどこの場所も満員御礼!、相撲フアンが増えたと言うことは、取り組んでいるお相撲さんたちが真剣に取り組んでいる姿の現れなのでしょう。相撲に限らず、どんなことも、人の心を虜にするように真剣に取り組むことの大切さを感じながらどの力士にも応援しています。父も大の相撲フアンでした。

<No. 33> 児玉 浪枝 : 成人の日 
会話》   【 書込: 2017年01月10日(火) 15時46分 】

1/9成人の日は好天に恵まれ、テレビでは各地で行われた成人の祝いの催しや若者たちの晴れやかな姿が流れました。振り袖姿も艶やかに着飾った女性、スーツ姿や和服を身に纏った男性、皆、初初しく明るい顔でインタビューに答えたり…、未来を感じます。遙か遠い、自分自身の成人した日のことが頭を過ぎります。成人式に参列し、人生大先輩の方々の祝辞を聞き、紅白のお饅頭を貰って帰った記憶。年月はあっという間に流れました。将来の過ごしやすい社会を若者達が築いてくれることを祈りました。

・この道を歩くと決めた春の朝      浪枝

<No. 32> 児玉 浪枝 : 仕事始め 
会話》   【 書込: 2017年01月04日(水) 22時44分 】

新年のゴミ収集もきょうから始まりました。明日からは獣医が仕事始め、明後日からは内科や歯科、整形外科も始まります。休み中に病気が発症しないか不安でしたが、なんとか夫婦も犬も病気せずに休み中をクリアー…。普段の日常が動き出しました。また一つ年齢を重ねるのかと思うと少し気が重いですが、逆に精神面は一つ若返るようにと心の持ち方を考えています。パソコンで遊ぶことも、人と会って交流することも、お洒落も、まだまだできること沢山あります。犬のジロン君は八歳になりました。人間なら中年かしら、寝ていること多いなあ。
・空飛べる夢を見ている事始め   浪枝

<No. 31> 児玉 浪枝 : あけましておめでとうございます 
会話》   【 書込: 2017年01月01日(日) 22時58分 】

昨夜は除夜の鐘を聞きながら眠りにつきました。田舎なので、遠くのお寺様の鐘の音が風に乗って聞こえます。百八つの煩悩はなかなか振り払えませんが…。
窓の外は初詣に出かけられるであろう人たちの足音や話し声が聞こえていました。ここに越してきた頃は近所の神社の初詣に夜中に出かけたものですが、今はその元気がありません。
さあ、きょうから平成29年、カレンダーも新しく、少し気持ちを引き締めて新年が始まりました。

・お雑煮を煮ているきょうは良い天気    浪枝

<No. 30> 児玉 浪枝 : 年末 
会話》   【 書込: 2016年12月30日(金) 13時59分 】

換気扇も洗いました。長い柄のモップで高い棚の上なども掃除しました。黒豆や筑前煮をする準備も…、師走にしては温かい陽気なので助かります。テレビでは、番組は殆ど一年間の間にあった重大なニュース報道番組の思い出が流れています。今年も全国各地で天災人災たくさんありました。いろいろなことに遭遇しながら月日は暮れ、人間は生きているのですね。あと二つ寝たらお正月。さあ、注連縄を玄関に飾りましょう。

・注連縄が冷たい風に揺れている    浪枝

<No. 29> 児玉 浪枝 : 今年最後のみどり会例会 
会話》   【 書込: 2016年12月26日(月) 16時04分 】

きのう12/25(日)みどり会例会に参加、一年を振り返りながらの集いでした。ちょうどクリスマスの日に当たったので美味しいケーキを皆で戴き憩いの気分も味わいました。生きるとは食べること…、お腹も気分も満たされれば頭の回転も良くなるかしら。席題「クリスマス」に挑戦、楽しい句が沢山発表されました。

・珈琲 紅茶 ケーキ 饅頭 たらふくに  浪枝

<No. 28> 児玉 浪枝 : お歳暮 
会話》   【 書込: 2016年12月18日(日) 23時01分 】

宅急便の車が我が家の前で止まりました。どこから荷物が届いたのかしら…、なんとなくわくわくする一瞬です。きょうは大垣に住む妹からのお歳暮です。洗剤や漂白剤や日用品あれこれ詰め合わせセット。すぐにお礼のメールを入れましたら「いろいろ考えたけれど、やっぱり暮らしに必要な日用品にしたわ」と。ありがとう。いつも妹に甘えっぱなしのわたし。今ではお歳暮の遣り取りはホントに少なくなりましたが、妹との温かい交流は繋がっています。

・いもうとの声も明るく十二月   浪枝

<No. 27> 児玉 浪枝 : 12月も半ば 
会話》   【 書込: 2016年12月15日(木) 16時36分 】

きのう、きょう、寒い日が続きます。年賀状の受付が始まりました。我が家、まだ全然支度をしてない有様。今年も喪中はがきが沢山届きました。近年、年ごとに増えるばかり…、寂しさを感じながら住所録の整理をしたり、あの人にこの人にと想いを馳せています。今風のネットもメールもスマホも勿論良いですが、やはり手紙の交流がわたしは好きです。絵でも文字からでもその人が現れているように感じます。さあ、賀状を今年は何枚購入しようかしら。

・大切な人に届けるこのこころ  浪枝

<No. 26> 児玉 浪枝 : 枯れ葉がひらひら 
会話》   【 書込: 2016年12月10日(土) 14時23分 】

脚立に上って木蓮の伸びきった枝を剪定しました。大きな葉っぱは枯れ葉となりひらひら落ちて庭のゴミになってきました。お隣の駐車場にも飛んでいってゴミになるので、そうなる前に上の方の枝は皆切り払いました。もう、花芽がついているのに可哀想。高枝ハサミが壊れてしまったので鋸でごりごり切って頑張りました。庭があるのもこうなると善し悪し、と文句言いながら初冬の一日を過ごしています。

・木蓮も伐られて泣いているような    浪枝

<No. 25> 児玉 浪枝 : 雨の日のみどり会例会 
会話》   【 書込: 2016年11月28日(月) 17時48分 】

きのう11/27(日曜)、みどり会例会に出かけました。朝から晩まで大降りではないけれど一日中しぐしぐと降り小寒い日曜日でした。栄駅から伏見の短歌会館までの道々、どのお店もばたばたと賑やかにクリスマスや年末年始商戦が繰り広げられ、そこに群がる人人もなんとなく忙しそう…、冬を前にしての雑踏を感じました。みどり会例会では真剣に作句「席題 部屋」に取り組み頭をリフレッシュ。元気があってこそのこの一時を大事に思います。
・舗道には枯れ葉が舞っているばかり  浪枝

<No. 24> 児玉 浪枝 : 晩秋 
会話》   【 書込: 2016年11月19日(土) 17時58分 】

11月も後半に入りなんとなく気ぜわしく感じます。近隣の公孫樹の葉は真っ黄色、サザンカの花が勢いよく咲き始めました。垣根のピラカンサの真っ赤が目に飛び込んできます。どうのこうのと言いながらも自然界の移り変わりは確実に進み、目を心を和ませてくれる昨今です。昼間は一日中暖房。夜は湯たんぽを抱えて眠ります。もう、まるで、生活は真冬並み。来年のカレンダーをぼちぼち買い始めました。

・わたくしは酉年いいことあるだろうか  浪枝

<No. 23> 児玉 浪枝 : 道路陥没! 
会話》   【 書込: 2016年11月10日(木) 15時29分 】

博多の道路陥没事故、「またか」という感じ。いつ何事が起きるか解らない、天災人災含めて危険は常に身に迫っていることを又教えてくれています。人間が考えている以上に自然界は甘くない、地下に空洞を沢山作れば、地上が脆弱になるのは当たり前。表面に見えるアスファルト道路は丈夫そうに見え、安心して歩きます。地下鉄もどんどん増え便利さに浸っています。でも、その裏には危険が隠れていることを忘れてはいけないですね。
・目に見える見えない何も分からない  浪枝

<No. 22> 児玉 浪枝 : 暖房でぬくぬく 
会話》   【 書込: 2016年11月02日(水) 18時24分 】

いっぺんに冷え込んできました。身体がまだ暑いときのままの状態。寒暖の差が激しいことについていけなーい。皆様、風邪などひいておられませんか?…。お互い気をつけましょうね。
 エアコンを冷房から暖房に切り替えて入れています。犬もぬくぬくの部屋でまったりと寝ています。エアコンよりもガスファンヒーターの方が温かいから…、の夫の一声できょうはガス暖房です。また、長い長い冬がやってくるのでしょうか。

・あたたかい鍋物をしていただきます  浪枝

<No. 21> 児玉 浪枝 : 季節の変わり目は… 
会話》   【 書込: 2016年10月26日(水) 22時14分 】

きょうも行きつけの内科へ出かけました。平日の午前中は殆ど高齢者が待合室を占めています。もちろんその中のわたしも一人。血圧を測り…、までは進みますが診察に呼ばれるまでには暫く待たされそうです。テレビは新型の大型が置かれ、週刊誌や新聞も多種のがきちんと揃えて置いてあるので退屈はしませんが、半日仕事です。余り病気のことを言うのは情けないけれど、あっちが良くなればこっちが痛いの痒いのと自分ながら気が重くなります。きょうは骨密度の注射と腰痛の注射、蕁麻疹の注射と注射攻め。ま、これで健康を保たれればよしとするか!。
大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせました。
・帰り道には青空が見えてくる    浪枝

<No. 20> 児玉 浪枝 : また地震災害が… 
会話》   【 書込: 2016年10月22日(土) 22時31分 】

秋なのか夏なのか晩秋なのか…、衣類を夏物も秋物も冬物もごたごた出して陽気に合わせて着替えている昨今。体調も気象に振り回されて落ち着かないし、悪天候続きの影響を受けてか野菜高騰。レタスなど小さなので一玉485円の値が付いていました。暮らしにくくなるばかりです。そこへ昨日はまた大きな地震が鳥取・島根地方を襲いました。この辺りもぐらり!、震度2の揺れで不安が募りました。明日は我が身か、と、古ーい防災頭巾を引っ張り出してきて台所に。
・いまできることはなにかを考える   浪枝

<No. 19> 児玉 浪枝 : 席をどうぞ… 
会話》   【 書込: 2016年10月18日(火) 17時49分 】

ピッポ様の「晴れて老人仲間入り」…、ようこそ!、です。席を譲る声を掛けられたのが初体験なのですね。戸惑われた光景が浮かんできました。(~o~) 
 私なんぞは、若い頃から、今も、乗り物に乗ればすぐに席を探して座る習慣です。空いていない時は「すみませーん」と厚かましく狭いところを割り込んで座らせて貰います。膝の手術してからは(もう二十年にもなる)特に座りたいし。普段利用している名鉄瀬戸線には優先席なる席がありますが、最近は老弱関係なく誰もが席を取ります。優先席って形式だけなのかしら…。
・車窓から飛び込んでくる秋の空    浪枝

<No. 18> ピッポの管理人 : 晴れて「老人」へ仲間入り 
会話》   【 書込: 2016年10月15日(土) 08時51分 】

先日やむを得ぬ所用で、大阪へ出掛けた。新幹線に乗るのはほぼ一年振り。
「新大阪」で乗り換えの通路が、ひどく長く感じたのはやはり「老化」のせいか?
乗車列の長い快速・新快速は敬遠して普通の方へ。でも車内は満席で立つ人もチラホラ。もちろん乗車は一区間なのでドアの傍にいるつもりでいたら、正面の若い女性二人が、サッと立ち上げって「どうぞ!」。折角の厚意ゆえありがたくお受けしたが、これは「初体験」だった。「転ばぬ先の杖」を持っていた所為もあろうが、どう見ても立派な老人だったのだろう。幸いというか、彼女等も大阪で下車したので少し心が安らいだ――迷惑にはなっていないぞ、と。

<No. 17> 児玉 浪枝 : 秋祭り 
会話》   【 書込: 2016年10月09日(日) 12時46分 】

きょうは尾張旭市の秋祭りです。早朝から火縄銃の鉄砲を撃つ音が近辺あちこちから響きます。この日は、市の伝統文化として保存会が守り継承されている【棒の手】の演技が披露され賑わいます。わが家は参加する子どもは居ないのですが集会場が直ぐそばにあるので、夏頃から演技を練習している子ども達の姿や様子を見ていました。まず、棒の手の行列は市役所から市内の多度神社へ進み、そこで演技披露。その後は市内を巡り、わが家の前も通ります。はっぴに白いはちまき、たすきを掛けた勇ましい子ども等に元気をもらいます。

・お祭りわっしょい 犬吠えている  浪枝

<No. 16> 児玉 浪枝 : 淋しい秋 
会話》   【 書込: 2016年10月08日(土) 17時28分 】

きょうも曇り空。時折、小雨が…。なかなか爽やかな秋日和はやってきません。それでも、散歩道にはことしもコスモスが咲き始めました。そよそよ風に吹かれながら道行く人の目を楽しませてくれます。田圃の稲は黄金色に輝き豊作。幾つも発生した台風ですがこの辺は被害もなく秋を迎えられたことに感謝です。
 秋はなんとなくさびしい、なんとなく憂う季節。涼しさを待っていたかのように義姉があっさり逝ってしまいました。5月に会った折りには「また11月にはきっと会いましょう」と約束。それが最後となりました。あのとき、一緒に撮った写真を見ていますが、とても明るい笑い顔の義姉でした。
・そしてまた一人一人と消えてゆく    浪枝

<No. 15> 児玉 浪枝 : 無題 
会話》   【 書込: 2016年10月04日(火) 17時55分 】

朝、生徒たちの賑やかな声に目が覚めました。きょうは久しぶりの晴れ。真向かいの中学校の運動会でした。正門に運動会の看板を立てる杭打ちの作業をしている最中です。大きな看板には『しんじあい festival』の文字と素敵な絵が描かれ、生徒らの手作りの温かみが伝わってきます。ここに越してきたのは息子が中学生の時、あれから何年経ったのかしら…。毎年、運動会の光景を見ながら年月は過ぎてゆきます。

・走るのが苦手なところは親譲り    浪枝

<No. 14> 児玉 浪枝 : ぎんなん拾い 
会話》   【 書込: 2016年10月03日(月) 13時37分 】

ぎんなんの思い出は一昨年の秋の綿毛東山教室の日、例会後の食事をしたお寿司屋さんの前の舗道の脇に銀杏の木があり、たくさんぎんなんが落ちていました。小さかったけれど仲間二、三人とで懸命に拾いました。拾ったぎんなんを殻をきれいにして食べられる状態に手間をかけるやり方を教えてもらいました。自分でやったのは初めてです。その手間の分、小さいながらとても美味しかったことを思い出しました。

・また皆でお出かけしましょう唄いましょう  浪枝

<No. 13> 渡辺 和尾 : ぎんなん の季節に 
会話》   【 書込: 2016年10月03日(月) 07時39分 】

ギンナンが落ちている季節だとの書き込みが。外出をしなくなって、季節感にも疎くなっています。匂いは苦にならず、味も大好きです。ただ自分で見つける機会もなくなって、残念に思っています。

<No. 12> 堀  恭子 : 銀杏 
会話》   【 書込: 2016年09月30日(金) 16時36分 】

 きょう、千種公園の横を通りましたら、銀杏がいっぱい落ちていて、ああもうこんな季節なのだと思い知らされました。残念なことには小さくて、臭いに悩まされながら通り過ぎました。

・銀杏を踏んだ靴から足がつく

<No. 11> 児玉 浪枝 : 巡回バスに乗って 
会話》   【 書込: 2016年09月27日(火) 17時27分 】

自転車も乗らなくなった今は、市内を走る巡回バス(百円)をよく利用するようになりました。車でしか行けない…、自転車を走らせてなら行ける…、そんな思いは捨てた今は、一時間に一本のバスの時刻に会わせて行動することにも慣れてきました。先日は、そのバスを乗り継いで少し遠い労災病院まで友達の見舞いに出かけました。お喋りをしていても、帰りのバスの時間に乗り遅れないように別れました。いままで、しっかり見ていなかった景色もちゃんと見えるようになりました。

・ほんとに綺麗ほんとに変わった町並みの   浪枝  

<No. 10> 児玉 浪枝 : 物価高騰… 
会話》   【 書込: 2016年09月24日(土) 16時03分 】

長雨続き、台風の被害を被って各地の農産物が壊滅、海水温の変化、様々な悪影響で野菜も果物も魚類も高騰するばかりです。主婦は毎日の食材の買い出しに工夫したり四苦八苦!。ニュースでは日銀が更に新しく金融緩和強化策…、と報道されています。金利ゼロ制作は続行だし、庶民にはいつ、景気が良くなってくるのか暮らしが楽になってくるのかが何も解りません。きょうもスーパーを巡ってお値打ちな食材を見て回っています。

・生秋刀魚の特売場の前にいる    浪枝

<No. 9> 児玉 浪枝 : 秋の長い雨 
会話》   【 書込: 2016年09月22日(木) 16時05分 】

いつになったら秋の爽やかな空が拝めるのでしょう…。梅雨のように毎日雨雨雨。洗濯物が乾きません。二階に一階にぶらぶらぶらぶらハンガーにつり下げて乾くのを待っています。犬の散歩も雨の日は止め。多分、犬なりにストレスが溜まっているだろうな。
 きょうは秋分の日、仏様に彼岸団子と花のリンドウを供えました。そのほか特に行事無し、のんびりとパソコンに向かって居ます。

・この雨はいつまで続くのでしょうか   浪枝

<No. 8> 児玉 浪枝 : 消えた盛り土! 
会話》   【 書込: 2016年09月16日(金) 14時04分 】

毎日毎日流れている東京都の移転問題、もう、見ているのが可笑しいくらいの真実(?)がぼろぼろぼろぼろ…。これ、なんでしょう。何も言う立場ではない都民、国民は唖然とするばかりですね。議員さんも職員さんも全国みんな一生懸命に行政に立ち向かわれていると信じているのに。東京ばかりではないな、と、何を見ても疑心暗鬼になってしまいました。

・なにをどう信じれば良いのでしょう 雲よ   浪枝

<No. 7> 児玉 浪枝 : 報道とは 
会話》   【 書込: 2016年09月11日(日) 14時13分 】

テレビや新聞で報道されるニュースなど全てが本当か嘘かはなにも見抜けずにぼんやりと見ていることが多いわたし。公開公表されている、その裏側も、しっかり考えなければいけないと、特に最近の都政の問題など問題提起をしていてくれる。災害に関しても報道だけに頼らずに自分の五感も働かせないと。昔、父や母はなんの情報も無い中で雲の流れ、空のいろ、風の動きを敏感に受け止めて生き抜いてきたんだ。

・鈍ってしまった五感 西風吹いている   浪枝

<No. 6> 児玉 浪枝 : 季節の移ろい 
会話》   【 書込: 2016年09月03日(土) 16時37分 】

「きょう午後会える?」とメールが入りました。相手は中学時代からの親友。我が家までバイクで走って来てくれます。嫁ぎ先の住まいがたまたま近くだと言うことでもう五十年以上の交流、頼れる存在の友です。会えば話題はなんてことない子の事、孫の事、故郷の事、趣味の事などお喋りは尽きません。熱い珈琲にお茶にお菓子、二人の時間はゆったりゆったり流れます。インターネットでいつも〈綿毛HP〉見ているよ、と私のセンリュウを応援してくれています。

・さよならは言わずに秋の雲のいろ     浪枝

<No. 5> 児玉 浪枝 : 防災の日 
会話》   【 書込: 2016年09月01日(木) 17時38分 】

9/1は防災の日。町内会で催しの避難訓練が近くの小学校で毎年行われていますが、一度も参加したことなく過ぎています。昔と比べると気象状況も変わってきているし、いつ南海トラフの地震に襲われるかも知れない…、不安はいつも頭のどこかにはあるのですが、なかなか大災害の被災が自分の身に迫る実感が湧かず、のんびりしています。今回の台風10号の被害の爪痕の凄さを他人事と思わずにニュースに目を凝らしています。ペットボトルの水の準備だけはしてあるのですが。

・想定内想定外と独り言  浪枝

<No. 4> 児玉 浪枝 : 遠い花火 
会話》   【 書込: 2016年08月30日(火) 17時05分 】

暑いのでスーパーへの買物も日が落ちて真っ暗になってから出かけます。徒歩15分程、買物カートをころころ引いての往き来です。先日、八月最後の土曜日、帰り道を急いでいたら「ドーン」と耳を裂く爆音とともに夜空に大きな花火が…。隣町のお寺様が毎年夏の終わりに催される花火大会でした。家家の屋根より高く上がった花の大輪、暑さを忘れさせてくれる一瞬、暫く立ち止まって見ていました。空から贈り物をいただいた気分でした。

・遠い花火見ている八月の終わり   浪枝

<No. 3> 児玉 浪枝 : 処暑も過ぎ 
会話》   【 書込: 2016年08月24日(水) 16時47分 】

処暑も過ぎましたが、依然として暑さは続いています。次々と台風も発生して各地に大きな被害をもたらしています。長い長い暑さとの戦いに引き続いての悪天候。夏バテで心身疲れ気味。皆様、どのような過ごし方をされているのでしょう…。我が家は相変わらずクーラーの部屋に閉じこもりっぱなしです。犬の散歩も家事も手抜き手抜き。涼しくなったらまた頑張るから!、と。昨日、いつもの内科診察に行きましたら医師が「暑い間は無理しないでじっとしているも良いですよ、じっとしている亀は万年生きられると言うでしょ」と教えてくれました。

・台風の進路ばかりが気にかかる   浪枝  

<No. 2> 児玉 浪枝 : 熱中症注意! 
会話》   【 書込: 2016年08月08日(月) 17時50分 】

連日の気温は鰻登り、きょうも38度5分とか…、東海三県熱中症厳重注意と報じられています。皆さん、気をつけましょうね!。我が家犬も含めてだらだら…、と寝転んだり怠けてばかりの毎日です。暑い間は仕方ない、と、勝手な言い訳をつけています。オリンピック観戦、高校野球試合観戦、テレビの中も燃えています。

・てのひらにも汗 熱風はもやもやと  浪枝

<No. 1> 児玉 浪枝 : わたげーせんりゅう 新サイト「よろしく」 
会話》   【 書込: 2016年08月04日(木) 17時53分 】

綿毛の会のHPでずっと楽しませて戴いていました。8月からのリニューアル新サイトに今後もお邪魔します。よろしくお願いします。とにかくこのところの暑さ、参っています。蝉の声だけがやたらに元気です。なるべく心身無理をしないで夏を乗り切る方法を考えながらおさんどんしています。犬はお腹出して、ひっくり返っていちにちじゅう寝ています。

・やーれんそーらんそーらん 町は夏祭り  浪枝

【ページの先頭に戻る】


- SUN BOARD -